大切な二人の絆の証

手

やはり知りたいお値段

結婚するまでに、多くのカップルが様々なイベントや必要なものの購入を行います。カップルによりその中身はそれぞれですが、それでもほとんどのカップルがこれだけは絶対必要とあげているのが結婚指輪です。結婚指輪はお互いの指に生涯つけ続ける、まさに二人の絆を表すものであり、また周囲の人に結婚していることを示す証にもなります。大切なものだけにしっかりと選びたいものですが、やはり気になるのはそのお値段でしょう。結婚指輪は、素材やデザイン、ブランド等によって価格は変わります。一般に結婚指輪の平均的な相場としては、2人分で20万〜22万円くらいと言われています。ただし、男性の指輪より女性の指輪の方がやや高い傾向にあり、これは女性にだけ小さなダイヤ等の石を入れるケースがよくみられるからです。既成品がオーダーによっても、相場はかなり変わります。既成品の相場は平均で2人分15万〜22万円くらいとされていますが、ハイブランドの結婚指輪になるとこれより10万円くらいの上積みが必要です。オーダーメイドには、サンプルパターンから選ぶセミオーダーと完全フルオーダーがあり、セミオーダーなら2人分20万〜30万円が相場、フルオーダーなら2人分で30万円以上は必要と言われています。なお、カップルの年代によっても結婚指輪の相場に違いが見られます。20代では2人分で14万〜20万円、30代では20万〜30万円、40代では25万〜30万円くらいが相場です。年代による相場の違いは、貯金等による結婚資金の大小によるものと考えられています。

Copyright© 2018 誓いのリング!結婚指輪の相場は以前より安い【手頃な価格で購入】 All Rights Reserved.